西郷どん 動画 4話無料視聴ビデオマーケットで見たネタバレ

西郷どん(せごどん) 動画 第4話無料視聴ビデオマーケットで見たネタバレ

1話を見て世界の渡辺謙さんなんかも出てきたりしてやっぱりおもしろそうだとわくわくしていたのですが、今回は子役ではなく鈴木亮平さんが演じる西郷どんがはじめてでてきましたね。子役も演技が上手で素敵ではあったのですが、鈴木亮平さんはカッコいいので前からのファンなのではじまりから注目してみてしまいました。やっぱり爽やかイケメンで西郷どんにぴったりですね。

 

 

 

西郷どん(せごどん)動画4話はビデオマーケットで無料視聴できます

 

 

U-NEXTは、一カ月間の無料お試しキャンペーンのポイントで無料視聴します

 

ビデオマーケット公式は下記です

 

↓ ↓

 

 

U-NEXT公式は下記です

 

本記事では

 

①U-NEXTでみた西郷どん(せごどん)最新話の感想

 

②ビデオマーケットでみた最新話のネタバレ

 

などについて

 

書いていきます

西郷どん(せごどん)動画4話まで見逃し配信(再放送)U-NEXTでみた感想

 
話の冒頭で、江戸にいる斉彬に何通もの意見書送った吉之助の熱を感じることができました。薩摩は武士の割合が多く、貧窮する武士が多くいるというのも、皮肉な話だなと思いました。

吉之助の家族には体の悪いじじさまに続き、弟の信吾が原因不明の腹下しで臥せっていました。

それを救うべく、狩ってきたししを売りに行こうとする吉之助を吉兵衛がみっともないから辞めろといい、借金をすると言い出します。

それに対して吉之助は体裁を気にするくらいなら、家を売って金にすると言い出し喧嘩になってしまいます。そこへお隣の正助が止めに入り、「この大所帯の住むところがなくなる。」と、言ったときは、本当にその通りと思いました。ししを売るのはいいけど、家はちょっと先走り過ぎだよ吉之助とツッコんでしまいました。

そんな折に、吉之助は武家の身分でありながらも、貧しさから一家で夜逃げする少年・半次郎と出会い、その夜逃げを見逃しました。

でも、すぐに役人にばれてしまい、追求される吉之助を赤山が助けてくれるのでした。吉之助は侍の貧窮ぶりを赤山に訴えると、赤山は時期に斉彬が藩主になり、薩摩藩は変わると言います。そこに、一筋の光を見出す吉之助でした。

その頃、吉之助に子どもは国の宝だと教えた斉彬は、江戸城にて自身の息子を亡くしてしまった。

斉彬はこれまで立て続けに3人の子どもを亡くしていました。近くからは呪詛の品まで見つかり、呪詛を使ってまで斉彬の血を途絶えさせようとする恐ろしさを感じてしまいました。

そして、江戸幕府に斉彬は調所広郷の不正を告げ、調所はその件を追及されます。

それはすべて自分の責任だと調所は毒を煽り、自決してしまいます。斉彬はそこまでは望んでおらず、調所の背後にいる父を追い詰めたかったのでしょうが、調所の斉興の忠誠心の深さを見誤ってしまったのだなと思いました。

一献かわしたいと誘って、調所を待つ斉彬の姿には思わず息を飲みました。今話のラストに待っていたのは、調所広郷の死を知った斉興が斉彬派の人間を次々に処罰し、赤山に切腹が命じられてしまいました。斉興は本当にこの側女に頭が上がらないのだなと正直びっくりしているのですが…本音を言うと少し怖すぎて、そんなにほれ込んでしまう女性という感じがあまりしないので違和感を感じています。

来週、斉彬が藩主になるための戦いが描かれるようです。薩摩が変わっていくことを祈ります。

西郷どん(せごどん)動画4話まで無料視聴ビデオマーケットで視聴したネタバレ

 

お由羅騒動の発端と顛末が興味深かったです。斉彬が、父の斉興を失脚させようと、島津家が、琉球を使い、私腹を肥やしていることを幕府に伝えます。

家老の調所が、老中阿部に、呼び出しを受けます。家老の調所は、すべて自分の指示でやらせたと全部飲み込もうとします。

その時の裏で糸を引いてる人物はだれだと言うセリフには凄みがあり良かったです。斉彬が家老の調所に、今晩、薩摩屋敷で飲もうと誘うのですが、家老の調所は用事があると言って断ります。斉彬は、家老の調所が自殺するのを予想して、いつまでも待っていると言うところが見どころでした。

結局、家老の調所は、毒を飲んで亡くなります。

怒った斉興と息子を藩主にしようとする由羅から、斉彬は反撃を受けるのです。由羅が、斉彬の生まれた子供を、呪い殺しているとうわさが立ち、由羅が否定する姿が演技がうまいと思いました。その反撃により、斉彬派の藩の要職につく武士たちが、お咎めをいけたり、島流しにあったり、大きなお家騒動に発展してしまいます。

吉之助や大久保正助は、それを憂い、何とかしたいと考えるのですが、ついに、頼っていた師匠の赤山靱負も、切腹を命じられてしまいます。吉之助や大久保正助がどう救うのかが次回の楽しみです。